ABOUT USわたしたちについて

身近な価値を、創造する

普遍的で暮らしになじんだ
身近なものにふたたび光を当て、
新たな価値を創造します。


01.身近であること

身の回りにある雑貨のなかでも、肌に触れる布製の日用品は、生活する上でいちばん身近にあるもの。同時に、ずっとそばにあることが当たり前で、その価値を忘れられてしまうこともあります。私たちはそんな「身近にありすぎてその価値を見落とされてしまいがちなもの」の価値をもう一度見直したいと考えています。

昔ながらの日用品を見直す

昔はよく使っていたけれど最近目にしなくなったもの、なんとなく使わずにいてその良さに気づかなかったもの。そんなものにまた光が当たるようなものづくりを意識しています。身近なアイテムを上質なものにすれば、日常がもっと豊かになるはずです。

すべての製品が日本製

商品は、できあがるまでに多くのひとの手が加わります。なるべく近くで、信頼できるひととものづくりをすることにこだわっていたら、すべての商品が自然と日本製になりました。職人の手からお客さまの手まで、すべてのひとが親密に繋がる。もしかしたら隣に住んでいるひとが製品づくりに携わっているかもしれない。そんな親近性を感じられるものづくりを目指しています。

ひとと街と暮らしとともに

H TOKYO 三宿本店は、三宿四二〇商店会に加盟し、清掃活動やイベントに積極的に参加することはもちろん、一部包材の製作作業を地域の福祉作業所に依頼しています。周りの誰かが「こんなことしてみたい」「こんなときは誰に相談しよう」と考えるときに思い浮かぶ、身近な会社でありたい。結ばれた縁を大切に、ひとと街と暮らしと、良質な関係を育みます。

三宿四二〇商店会

02.体温があること

新しく生み出されるどんなアイテムにも、人びとが受け継いできた技術、文化や温もりが詰まっています。そこに現代のデザイナーの意図、縫い上げる職人の技術、はたまた個人の思い入れなど、物語はあらたに塗り重ねられる。商品ひとつひとつにそんな背景を感じるから、私たちは製品を丁寧に扱います。私たちの手からお客様の手へ、そのアイテムにまつわる物語、想い、温もりもお届けします。

触って体感できる実店舗

ハンカチをはじめ、肌に触れる身近なアイテムが並ぶ直営店。その店舗でしか取り扱いのない限定商品や限定刺繍も楽しめます。お手入れ方法、ギフトのご相談など、スタッフにお気軽にお声がけください。専門スタッフが、アイテムにまつわるストーリー、役立つ情報や便利な使い方をお伝えします。

STORE LIST

03.民藝であること

私たちの扱うハンカチや肌着などは、ひとの営みの歴史のなかで長い時間をかけてもっとも適した形になった、いわば民藝のひとつです。民芸品は、その無銘性に、多くの熟練した職人による確かな技術が潜んでいます。無駄がないけれどほんの少しの遊びはある。そんな健やかなつくりのアイテムは、機能的かつ美しく、永く使えるものばかりです。

選りすぐりの上質な生地

浜松や西脇など日本の生地の名産地のもの、トーマスメイソンやカルロリーバといった一流インポートブランドのシャツ生地など、こだわりの生地を使用して製品をつくっています。天然素材の良さを存分に活かした、丈夫で美しいアイテムができあがります。

手捺染によるプリント

ハンカチの一部は、手捺染(ハンドスクリーン)と呼ばれる昔ながらの製法で1点ずつ職人が手でプリントしています。経験と腕はもちろん、気温などさまざまな要因が影響する難しい技法ですが、均一でムラのない仕上がりは見事です。

手巻き縫製のハンカチ

手巻き(ハンドロール)と呼ばれる特殊な縫製は、縫製技法のなかでも難しさ、希少価値において最高峰と言えます。手慣れた職人でも1時間で3、4枚しか縫えず、技術を持つひとの数も年々減っているため、近い将来目にすることができなくなってしまうかもしれません。温かみのあるふっくらとした仕上がりに愛着がわきます。

04.心緒があること

高品質で、丈夫で、使い勝手がよく、そしてちょっとユニーク。時代が変わっても変わらないスタンダードなものの良さはそのままに、古い価値観にとらわれず、新しい感覚で製品を創り出すことを私たちは意識しています。店頭には、クラシックなものだけでなく風変わりでおもしろいものもたくさん並びます。

クリエイターデザインのハンカチ

国内外で活躍する作家とともに、ポケットにおさまるアートなハンカチをつくっています。見たことのないデザインが目白押しで、きっと誰にでもお気に入りの一品が見つかります。

H TOKYO クリエイター
swimmie クリエイター

カスタマイズを楽しむ

世界でひとつのデザインを気軽につくることができる。そんな買い物の過程も心が動きます。その商品を手に取ったお客さま、カスタムオーダーをしてくれるお客さまの気持ちがはずむように、私たちもいっしょに日々驚き、楽しんでいます。

EMBROIDERY
PATCH

05.創り続けること

先人の知恵と工夫が詰まったものごとに敬意を払いながら、私たちはいまの時代に即した実用的なもの、新鮮で心がおどるものを創り続けます。人びとが続けてきたことをこれからも続けるために、真摯にものづくりと向き合い、お客様の手に渡ったあとも永く大切に使ってもらえるような製品・サービスを提供します。

持続可能な社会のためのものづくり

ハギレを利用した製品づくりや再生紙を用いた簡易包装など、環境に配慮して無駄をなくし、物を大切にする取り組みを行っています。

ハギレのプロダクト

ギフトラッピング・ケア・お直しサービス

特別の詰まったその商品が、誰かの一生にとって特別なものになることを願って。身近で特別な価値をつくるために、私たちが用意しているさまざまなサービスがあります。

GIFT WRAPPING
CARE・REPAIR


代表 間中伸也の想い

男性用のおしゃれな小物や質の良いものをもっと世に広めたいと思い、ハンカチ専門店を開いたのがきっかけで会社が誕生しました。小さなマンションの一室から始まって、高品質の生地を使い、今ではハンカチだけでなくトランクスやナイトシャツなど身の回りの雑貨もつくっています。

「世の中に本当は必要とされているのに見当たらないもの」をつくることを心がけ、素材と縫製をとても大事にしています。誰とどうつくるかも大切で、顔の見える範囲で、仲間と言えるひとたちとこれからも製品をつくっていきたいです。

なんとなく避けてきたものや苦手だったものが、本物を体験することで、思い違いに気づいたり、たちまち好きになったという経験が誰しもあるはずです。うちの商品を使ってもらえると、そんな感動を得られる瞬間があると思います。本物の質の良さ、仕立ての良さを知ってもらい、使うひとの生活や人生をより良くすることができればうれしいです。

商号
オールドファッション株式会社
設立
2007年12月20日
代表取締役
間中伸也
事務所
154-0004 東京都世田谷区太子堂1-1-11